本文へスキップ

国保依田窪病院は、地域に密着した心あたたかな医療を実践します。 地域における基幹病院として高度医療を提供します。

TEL.0268-68-2036

 

整形外科 関節外科医師募集のお知らせ

関節外科医師2名(50歳未満)急募

1.はじめに
国保依田窪病院では、1986年の整形外科開設以来、一般整形外科、地域医療、さらに脊椎外科、関節外科、手外科と専門特化して発展してきました。平成16年の医師臨床研修制度の変更以後、外科や泌尿器科は大病院に集約化され、当院のような地域の中小規模病院は、医師が引き揚げとなり、手術件数及び入院患者が激減しています。
当院の存在する人口20万の上田小県医療圏では、現在人工関節置換術をしているのは依田窪病院だけです。今まで関節外科を担当してきた医師が退職希望となりました。そこで当院としてはさらなる発展を目指して、関節外科医師を急遽2名募集します。手術は整形外科が主なため、科内の調整で枠を設定可能です。手術機器などのハード面とクリニカルパスや自己血採取などのソフト面でも、すでに体制は構築されています。患者対象は、上田小県地域の患者さんや脊椎手術を受けた県内各地や他県の患者さんなどになります。

2.地域特性
国保依田窪病院の存在する小県郡長和町は、松本市の信州大学から車で約50分、北陸新幹線が停車する上田駅から30分です。東京駅まで病院から2時間で行くことができる地域です。町内には長門牧場やブランシュたかやまスキーリゾート、エコーバレースキー場などの観光施設や温泉があり、上田市武石地区には美ヶ原もあります。また、周辺には8か所のゴルフ場が存在し、安価なプレーが楽しめます。病院の近くにはメゾネットタイプの官舎があり、冬季の積雪もあまり多くないため、上田市や松本市からも通勤可能です。

3.研修体制・人材育成
手術症例の長期観察を行うとともに、学会発表、論文作成を積極的に行ってきました。国内学会は年3回まで、学会参加費、交通費、宿泊費を病院から支給します。国際学会(発表者)、海外研修(Cadaver trainingや手術見学)、年3回以降の国内学会、各学会年会費、専門医・認定医試験受験費用は整形外科研修費から補助します。
更に整形外科医師だけではなく、医療人としての資質向上のため、人事考課、目標管理制度があります。医療チームのリーダーとして、活躍する人材育成が目的です。

4.待遇
 卒 後  種手当なしの年収  基本給
 医師 10年目  15,200,000  750,600
 医師 15年目  17,400,000  886,200
 医師 20年目  18,400,000  947,600
給与の概算です。特徴として、基本給が高額に設定されています。手当なしの年収に、扶養・通勤・特殊勤務・当直・宅直・研究手当などが追加されるため、年収ベースとしては15年目か16年目に2,000万円を超えてきます。住居手当は80,000円まで病院から補助があります。
勤務は月曜日から金曜日の完全週休二日制を採用しています。当直は、月に2−3回の全科当直があります。輪番制度を取っているため、輪番の当直に当たった医師は、翌日午後は休みとなります。夏季休暇は5日間、その他有給休暇があり、ワークライフバランスを推進しています。院内保育所もあり、病児保育も行っています。

5.最後に
1986年に常勤医師6人体制であった国保依田窪病院は、整形外科を中心として右肩上がりで発展してきました。しかし、最近は内科や外科医師の減少とともに厳しい状態ではありますが、こうしたピンチは逆にチャンスでもあります。町の最大企業でもある依田窪病院を地域活性化の中心として、応援していただいています。地域を守る医療を提供するとともに、最先端の整形外科診療を行い、充実したキャリアパスを形成してみませんか。志ある関節外科医師の応募をお待ちしております。尚、脊椎外科に関しても順次募集していく予定です。


診療部の環境

個人ブース
(インターネット・
無線LAN完備)
専用パソコン
(インターネット・
電子カルテ)
応接セット 当直室

                    

バナースペース

国保依田窪病院

受付時間:月〜金 8:00〜11:30
診療時間:月〜金 8:30〜

〒386-0603
長野県小県郡長和町古町2857

TEL 0268-68-2036
FAX 0268-68-4034