本文へスキップ
                        

TEL.0268-68-2036

〒386-0603 長野県小県郡長和町古町2857

看護部活動

2015年7月7日 中学生の職場体験受け入れについて

外来・透析室 春原沙織
 依田窪病院の看護部では、将来看護師を目指したい・病院の職業に興味のある近隣の中・高校生の職場体験を積極的に受け入れています。
7/7〜7/9には、依田窪南部中学校の生徒さん4名が看護師体験に来られました。
7/7(水)☆体験1日目☆
白衣を着て、看護師の装いになります。
開会式では看護部長より「看護への道」のお話をいただきました。
各自、目標を発表し、病棟へ看護体験に向かいます。
5階病棟でシーツ交換を行ったり、患者さんとお話をしました。
7/8(木)☆体験2日目☆
2日目も、5階病棟で看護体験です。
1日目よりも緊張せず、積極的に仕事を行います。
7/9(金)☆体験3日目☆
3日目は病院の中の見学をします。
検査科では血液型を調べ方を教えていただき、実際に検査をしてみました。
放射線科では検査台の操作を体験しました。
病院の中には、沢山の職種のスタッフが様々な仕事をしている事を学びました。
職場体験を終えて、進路・職業選択への参考になったでしょうか?
いつか、一緒に仕事ができるとうれしいです。
お待ちしています♪
職場体験、お疲れ様でした。

2014年7月8日 中学生の職場体験受け入れについて

OP・中材室 依田 由香
 依田窪病院では看護部とリハビリテーション科で、近隣の中・高校生の職場体験を積極的に受け入れています。
看護部では、将来看護師になりたい生徒さんや看護師の仕事に興味を持っている生徒さんに職場体験をしてもらい、将来の目標になるような関わりを目指しています。7/8〜10には、依田窪南部中学校の生徒さん3名を迎えました。その時の様子についてお伝えします。
7/8(火)☆体験1日目☆
緊張した様子で依田窪病院へ。白衣に着替えて身だしなみを整え準備をしました。白衣を着て少し看護師に近づきました。みんなドキドキしながらも嬉しそうでした。
朝の会では、看護部長からあいさつをいただき、守秘義務などの医療従事者に求められる事項の確認を行い、いざ病棟へ体験に行きました。
1日目は4階病棟での体験です。
患者さんのベッドサイドに行き、ベッド周りの環境整備を行ったり、足浴や洗髪のお手伝いをしたり、患者さんとコミュニケーションをとりました。はじめはとても緊張していましたが、徐々に慣れて、患者さんとの会話も弾んでいました。午後は生徒さん同士で脈拍や血圧測定をしたり、車いすやストレッチャー体験をしてみました。
7/9(水)☆体験2日目☆
2日目は、午前中に手術室、午後は外来・透析室での体験をしました。普段入ることのできない手術室内での看護師の仕事を見ることは、とても貴重な体験になりました。みんなの目が輝いていました。
午後は外来の様子を見たり、透析室でベットメイキングをしたり、1日目とは違う体験ができました。看護師の仕事にはいろいろあることが分かってもらえたと思います。
たくさんの質問もできて意欲的に体験していました。
7/10(金)☆体験3日目☆
最終日は病院内の施設見学をしました。
病院というところは医師、看護師だけでなく、たくさんの専門職が集まった集団で患者さんに医療を提供しています。院内で活躍する職種を見てもらうことで、今後の進路の参考になればという思いもあり、それぞれの部署の協力を得て、施設見学を行っています。毎年、生徒さんに好評な企画です。
検査科では血液型を調べる検査方法を教えてもらったり、放射線科では画像の取り方を見せてもらったり、薬剤科ではお薬の調合方法を見せてもらったり・・・。その他にも1日かけて施設見学をしました。生徒さんもたくさんのことに興味が持てたようでした。
 職場体験を終え、看護師になりたいと強く思うようになった生徒さん、職業の選択肢が広がりこれからの進路が少しずつ見えてきた生徒さん・・・成果のある体験になったようで嬉しいです。将来看護師になって一緒に仕事がしたいですね!!

2013年7月13日 中・高校生の職場体験受け入れについて

3階病棟 植木文美子
 依田窪病院では、近隣の中・高校生の職場体験について積極的に受け入れを行っています。事前に学校の先生方と連絡を取り合い、将来看護師になりたい方や看護師の仕事に興味を持っている方に当院での職場体験を勧めてもらっています。去る7/9〜11には、依田窪南部中学校の生徒さん4名を迎えました。その時の様子についてお伝えします。
7月9日
体験初日、学生服から病院で準備した白衣に着替えてもらう事からスタートしました。お互いに身だしなみのチェックをしてもらい、体験場所となる3階病棟へ行きました。最初はとても緊張していた様子でしたが、患者さんから声をかけてもらい、徐々に笑顔も見られるようになりました。ベッドメーキングや身の回りの環境整備、車椅子やストレッチャーでの移動・移送、昼食の配膳を行いました。また、患者さん体験として、ベッドで寝たまま吸い飲みで水を飲む体験やとろみを付けたお茶を飲んでみました。とろみを付けるとお茶の味が変わってしまうことに驚いていました。あまりの不味さに苦笑いでした。午後は、患者さんにも協力していただいて足浴を体験しました。他人の足を洗うことは初めてでしたが、患者さんから感謝の言葉をいただきました。
7月10日
体験2日目、午前中は外来診察の様子を見学しました。午後は、4階病棟で手術にいく患者さんのベッドを準備してもらいました。
7月11日
体験3日目、病院内施設見学を行いました。病院では、様々な専門職が協同して患者さんや家族の方々を支えていることを知っていただくことを目的に、職場体験の一環として、病院内施設見学を実施しています。訪問看護・地域連携室・栄養科・検査科・放射線科・手術室・医事受付・薬剤科・救急外来〜各外来・リハビリ科・健康管理棟・透析室を順番で回りました。各部署オリジナルのオリエンテーションを実施してもらっています。例えば、検査科では試薬を使って血液型の判定、薬剤科ではグミを使った調剤など、どれも思考をこらした内容です。また、手術室では実際の手術の場面を見学することもできました。
3日間、とても貴重な体験ができたと思います。参加した生徒さんたちの将来に役立てたら嬉しいです。私たちも看護師を目指した頃を思い出し、初心に返ることができました。

2013年7月16日 再就職支援研修会を開催しました。

 今年も研修会を行いました。4日間の研修で、看護職のワーク・ライフ・バランス、医療安全、感染対策をはじめ、実技を中心とした救命救急処置技術や静脈血採血技術を行いました。
 受講者は4名と少人数でしたが、質問がしやすく、細かく確認ができたなど、好評価をいただきました。
来年も研修会を予定していますので、お申し込みをお待ちしています。