3階病棟

3階病棟看護方針

  1. 患者・家族から信頼される看護、根拠に基づいた安心・安全な看護、思いやりのあるあたたかな看護を提供する。
  2. 病棟間・地域連携室・外来・施設・多職種との連携を強化し、患者家族が安心して退院後の生活が送れるよう支援する。
  3. 患者・チーム間で良好なコミュニケーションが図れ、個々が看護へのやりがい・達成感が感じられる。

3階病棟活動目標

活動目標

  1. 看護実践能力を向上し、質の高い安全な看護を提供する
  2. 患者・家族が安心して退院できるよう、退院支援の充実を図る

概 要

3階病棟は地域包括ケア病棟です。
地域包括ケア病棟とは、急性期治療が終了した方、在宅において療養を行なっている方などの受け入れを行ないます。また、在宅復帰支援等を行う機能を有しており、地域包括ケアシステムを支える役割を担う病棟です。
当院で手術をされた患者さんはもちろん、他院で手術をされた患者さんの受け入れも行なっており、術後の回復のお手伝いをしています。
さらに、体調不良による一時的な入院や、自宅での介護の少しの間の負担軽減(レスパイト入院)も積極的に受け入れています。
また、局所麻酔で行なわれる手術(主に手の外科、白内障)の患者さんもいらっしゃいます。
地域の方々の健康を守るべくスタッフ一同全力を尽くしております。
ぜひ地域包括ケア病棟をご活用ください。

  • 地域包括ケア病棟
    地域包括ケア病棟は、2014年10月に病棟再編により誕生した病棟である。
    地域包括ケア病棟:39床
  • 地域包括ケア病棟とは
    地域包括ケア病棟とは、急性期医療を終了し、すぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者さまに対し、在宅復帰に向けて医療管理、診療、看護、リハビリを行うことを目的とした病棟です。
    また、在宅療養中の患者さまに入院が必要となった時、在宅医から依頼を受けて支援する病棟です。
    在宅復帰支援計画に基づき、主治医・看護師・専従リハビリテーションスタッフ・MSW等が協力して、効率的に患者さまのリハビリや在宅復帰に向けた相談、準備を行っていきます。当院では、3階病棟で39床の受入態勢を整備しております。
    ご入院の対象となる患者さまは、在宅あるいは介護施設に復帰予定で、入院治療により症状は改善、安定し、もう少し経過観察、在宅復帰に向けたリハビリテーション、在宅での療養準備が必要な方となります。入院期間は、状態に応じ調整いたしますが、保険診療上60日を限度としております。

リクルート

国保依田窪病院で働いてみませんか?
地域医療に貢献できるスタッフのご応募おまちしております。

BACK TO TOP
当サイトでは文字サイズの変更・配色の変更・Google AnalyticsなどのサービスによりCookieを使用しています。
このまま閲覧を続けた場合「Cookieの使用・情報収集」に同意するものとします。
同意されない場合はブラウザの設定から閲覧履歴 及び Cookieを削除し閲覧をおやめください。
まずはプライバシーポリシーの確認をお願いします。
同意する
削除
Cookie & Privacy