看護方針

看護方針

1.患者に寄り添い「心をこめた看護」を実践します。

「心をこめた看護」とは丁寧に心をこめること。患者自身の尊厳及び権利を尊重した対応をすること。患者との間に信頼関係を築き、その信頼関係に基づいて看護を行う。信じられる存在になること。

2.専門職として、根拠に基づいた「安全で安心できる看護」を実践します。

専門職として専門的知識・技術の向上のため個人の責任として継続学習を行っていく。実践した看護に責任をもつ。

3. 看護者として、より高い看護を実践するため、看護者自身の心身の健康保持増進に努めます。

人々の健康を支援することは、自ら健康でなければならない。心身の健康を保持増進するために、仕事と私生活のバランスに努め個人及び職場内のストレスをコントロールできるスキルをつける。

目指す看護師像

  • 一人ひとりが、自分で判断し実践できる「自律した」看護師になるよう努力する
  • 自律とは「良く考え、分析的で自己管理ができる」こと

リクルート

国保依田窪病院で働いてみませんか?
地域医療に貢献できるスタッフのご応募おまちしております。

BACK TO TOP
当サイトでは文字サイズの変更・配色の変更・Google AnalyticsなどのサービスによりCookieを使用しています。
このまま閲覧を続けた場合「Cookieの使用・情報収集」に同意するものとします。
同意されない場合はブラウザの設定から閲覧履歴 及び Cookieを削除し閲覧をおやめください。
まずはプライバシーポリシーの確認をお願いします。
同意する
削除
Cookie & Privacy